放課後等デイサービスを利用するのに「障害者手帳」は絶対必要?

12月 9th, 2014 by admin | 0

放課後等デイサービスを利用する際に「障害者手帳」は絶対必要なのでしょうか?
「放課後等デイサービス事業」の対象者は、学校教育法代条に規定している学校(幼稚園及び大学を除く。)に就学しており、授業の終了後又は休業日に支援が必要と認められる障害児と記載があります。
放課後等デイサービスに似たサービスで「児童発達支援事業」というものもあります。
「児童発達支援事業」の対象者は、療育の観点から集団療育及び個別療育を行う必要があると認められた未就学の障害児となっています。(いわゆる小学校に入学する前の幼児のことですね。)
どちらのサービスにしても「障害児」という記載があります。
というこうとは、「障害者手帳」を取得している事が利用条件になるということですね。
「障害者手帳」がなくても利用できる施設はあるかもしれません。
しかし、放課後等デイサービスの施設を利用する際には「障害者手帳」を持っていないと、「実費」で利用することになると思います。
本当なら1割の負担で済むところが実費で支払うことになると、全額が利用者負担となるので相当の金額になります。
やはり、放課後等デイサービスを利用するには「障害者手帳」は基本必要になりますね。
岐阜・本巣・瑞穂でおススメの放課後等デイサービス ひまわり
http://himawari.link/

保険請求もしっかり説明してくれる岐阜市の接骨院!

5月 25th, 2014 by admin | 0

僕は今、足首の痛みで接骨院に通っています。

サッカーをしていて勢い余って転んでしまい足首を捻挫してしまいました。

友人の勧めで接骨院に通うことになったのですが、初めて接骨院に行ったときに初診受付をしている時でした。

受付のスタッフから「保険請求必要となるので、こちらの書類にサインをお願いします。」と言われました。
何も知らなかった僕は何も考えずにサインをしました。接骨院では健康保険が使えたので、保険に必要というのはわかりますが、病院では健康保険が使えるのに書いたことはありませんでした。

歯医者さんでも同じように書いていません。そう思った時、あれはなんのためのサインだったんだろうと思い、思い切って接骨院の先生に聞いてみました。

先生は快く教えてくれましたし、「ちゃんと説明せずにごめんなさいね。」と謝ってもくれました。まさか謝られると思わなかったので、ビックリしましたが少しホッとしました。間違いを素直に認めてくれたので、信用できる先生なんだなっと思ったからです。

接骨院・整骨院での保険施術(治療)では「受領委任払い制度」というものが適用されているそうです。

「受領委任払い制度」とは病院やクリニックなどの医療機関と同じように治療費は一部負担金を窓口で支払うのみということになります。

残りの保険料金分は柔道整復師(接骨院の先生)が患者さんに代わって保険者に請求するという制度です。

そのため、請求する柔道整復師がしっかりと患者さんから保険請求を委任されたかを証明するためにサイン(署名)が必要となるのです。

僕は何も考えずにサインしてしまいましたが、患者さんの中には初めて治療に行って、いきなり「保険に必要となるのでサインして下さい」と言われたらちょっと躊躇しますよね?

なんで保険のどんなことに必要となるのかしっかり説明してもらえないとお金にかかわることですから心配になりますよね。

今ではいたるところに接骨院はあります。ごく稀に不正請求などで違法なことをする人も多いようです。

自分の通っている接骨院は大丈夫なのか患者さんがしっかりと見極めるのも大事ですね。

そうすれば、患者さんの為にまじめに治療している接骨院だけが残ってくれますからね。

岐阜市で安心して治療が受けられる、田原接骨鍼灸院!

http://www.bo-ne.com/

難病の方も利用されている訪問介護について

4月 30th, 2014 by admin | 0

高齢者で介護が必要な方に色々な介護サービスをする仕事です。一般的にはヘルパーさん呼ばれた気ができます。多くは自宅に来てもらっていろいろやってもらうサービスです。
少し勘違いされている方は、ヘルパーさんはお手伝いさんだと勘違いされる方がいらっしゃいます。そうなると何でもかんでも押し付けられるような利用者さんもいらっしゃるようです。飼い犬の散歩と猫のシャンプーとかもしくは普段使わないような庭の掃除とか畑の作業とかなんでもかんでもお願いされることもあるようです。
適用されるものは、日常生活に必要な正確な介護、例えば衣服の選択が生活するような部屋の掃除とかトイレ掃除とかお風呂などの掃除。
◎食事でできないようなものは栄養注入とかチューブやカテーテルなどのそうにつまり医療行為や専門的な行為は介護ではないのでそれはできません。
◎排泄等で考えていけばトイレの移動の援助やポータブルトイレへの移乗また介助及び器具とかの洗浄、おむつ交換とか使用後のオムツの処理などができます。これも医療行為というふうに考えるなら人工肛門の洗浄、カテーテルの交換などはできませんね。何も考えて行けばわかると思うのですが床ずれの処置、巻き爪などの変形がひどい専門的な爪切りとか、または医学的な判断が必要な傷の処置などはできませんね。
◎調理という点で考えていくと契約時間内で終わらないような時間のかかるものだとか管理栄養士の資格がないと難しいつまり糖尿病や腎臓病の治療食などはできません。利用者以外の方のための調理も行えません。
◎掃除という観点からも大掃除つまり窓の掃除や換気扇の掃除を含む大きな家具の移動だとか家の修理、大工、工事、草むしり、植木の剪定などはできません。
どうしても生活に必要とは考えられないので介護サービスとしてはおこなえません。
つまり訪問介護でできるといった事は、日常生活で必要な事で専門的ではないことに対しては介護保険での訪問介護サービスが受けられることができます。
訪問介護サービスも何でもかんでもできると思って、お手伝いとしてお手伝いさんとしてお願いするというものではなくきちんと、介護の仕組みを考えて常識の範囲内で考えて色々と利用して行けたらなぁと思っています。
訪問介護のヘルパーさんに教えてもらった訪問マッサージひまわり
http://www.hoken28.com/

リハビリの大切さ

3月 5th, 2014 by admin | 0

この間テレビでギランバレー症候群という難病にあった方の放送がされていました。ギランバレー症候群とはどんな病気だと言いますと、筋肉を動かす運動神経の障害のため急に手や足に力が入らなくなる病気です。症状は1ヶ月以内にピークとなり、その後徐々に回復に向かい6~12ヶ月で多くの患者様がほぼ完全に良くなるとのことです。しかし後遺症も残る場合もあります。自力歩行が出来ない方や亡くなる方もみえます。またはっきりした原因は分かっていませんが、体を守るはずの免疫システムがなんらかの拍子で本来守るべきである体の細胞にダメージを与えることにより発症するというのが有力な説であるとのことです。テレビで見た患者様は見事に治療とリハビリで回復されて、今ではほぼ完治されたらしく、フルマラソンに挑むことができるまでになったそうです。自力歩行さえも出来なかった患者様が主治医の「絶対治ります」という言葉を信じてリハビリに励まれたそうですね。回復する時期にリハビリがもっとも大切になるそうですので、その時期にリハビリを頑張りまし
ょう。通院が難しいのでしたら、訪問リハビリを利用してみましょう。

訪問リハビリの利用法

1月 16th, 2014 by admin | 0

難病のリハビリ医療にはさまざまな種々の社会サービスがあります。その中には訪問リハビリがあります。では訪問リハビリとはどんなサービスなんでしょうか?訪問リハビリとは要介護者が受けられる介護サービスのことで、通所が困難な方を対象に、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが自宅を訪問して主治医の指示に基づいて理学療法や作業療法やそのほか必要なリハビリを行うものを訪問リハビリといいます。訪問リハビリを行う事業者は、病院・診療所・介護老人保健施設に限られているそうです。地域によっては訪問リハビリの利用が困難な場合もあるとのことです。理学療法は運動療法や物理療法などに行うリハビリです。作業療法は応用的動作能力または社会的適応能力の回復を目的としたリハビリを行います。訪問リハビリは通所が困難で症状が安定していて医師に認められた患者様なら利用ができます。

生活環境

10月 7th, 2013 by admin | 0

訪問先で各患者様の生活環境が全く違うのに驚きます。いつもきれいに掃除してあり、部屋の匂いや換気にも気を使っている患者様宅があると思えば、荷物や洗濯物が積み重なって、掃除があまりされていない患者様宅、家庭のゴミやオムツの匂いが染み付いてしまっている患者様宅。本当に各家庭違います。ヘルパーさんも大変です。でもご家族構成などにもより、仕方がない場合もありますから。何でも自分でやろうとすると続かないですから。公的サービスは受けられるものなら頼って下さい。ヘルパーや訪問マッサージなども介護保険や医療保険などで受けられます。あるALS患者様宅にて、人工呼吸器をつけていらっしゃりもう全身動かすことも話すこともできません。昼間はヘルパーさんがお世話していますがテキパキと動いていらっしゃいました。お部屋もきれいでクリアな空気です。快適でしょうね。

訪問リハビリのメリット

7月 20th, 2013 by admin | 0

訪問リハビリはできなくなったことを再びできるようにする目的としています。利用者様が生活していく上でできることを増やしていくことをサポートすることが目的です。訪問リハビリのメリットは日常過ごされている環境での中でリハビリができることです。生活空間の中で少しでも利用者様の力で、できることを増やしていくことが利用者様にとってもご家族様にとっても大切ですよね。また訪問リハビリのスタッフは利用者様本人はもちろん、ご家族様の生活していく上での不安や相談も聞いてくれる頼もしい存在でもあります。よりよい生活を送れることができ、不安などの負担を軽減できるようにサポートをしてくれます。通院が困難な難病患者様にとってはとても重要なサービスだと思います。

訪問リハビリ

6月 9th, 2013 by admin | 0

訪問リハビリテーションは、介護保険のほか、医療保険でも利用することができるみたいです。要介護認定を受けている方は介護保険で、まだ要介護認定を受けていない方は医療保険での利用が可能だそう。介護、医療保険どちらもパターンがあって、いいですね。訪問マッサージなんて医療保険のみですからね。この差はなんなんですかね。訪問リハビリテーションでは、寝返りなどの体位交換、起き上がりや座る訓練、立ち上がり訓練、歩行訓練、嚥下訓練、関節の変形拘縮の改善、排泄動作訓練等を行います。限られた時間で大変ですね。またこれら動作について日常生活での工夫を指導したり、介助や介護の方法を家族に指導します。ご家族がいらっしゃれば、日常はご家族が面倒をみてるので、少しでも介護が楽になるようにしないといけませんね。行うだけではなく、指導も重要です。

家族の支援

5月 9th, 2013 by admin | 0

訪問リハビリは通所リハビリが困難な方が在宅で安心して暮らせるような実生活に即した効果的なリハビリを提供するものです。そして難病の方が在宅療養を続けるうえで、訪問リハビリはとても必要です。訪問リハビリではご家族様の支援も必要です。ご家族様の心理的サポートはもちろんのこと、ご家族様にも適切な介助方法を指導し介護をするのに負担の軽減を図ります。難病をおもちの患者様にとってリハビリは症状が強くなるにつれて苦痛なものになってしまうこともあると思います。難病は原因不明であり、治療方法も未確立でまた生活する上でも長期に渡り支障をきたす疾患だということ。リハビリをするにもご本人様の強い意志も必要となります。そしてリハビリを続けていく為には身近な方々の支援も重要だということです。

訪問リハビリ

4月 10th, 2013 by admin | 0

訪問リハビリテーションとは、住み慣れたご自宅に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが訪問しリハビリを行うことです。通常の通所リハビリテーションと違って、1対1でのリハビリを受ける事ができます。一番有り難いですよね。利用者の状態に応じて最適なリハビリ指導が受けられますからね。かかりつけの病院に紹介状が必要になります。普段の生活の場で行われるので、場面場面に応じたリハビリが可能であり、本人だけでなく家族の希望をリハビリに反映しやすいのです。それは家族にとって有り難いです。介助側も思いは色々ありますからね。少しでも動作が出来るようになったら介助も楽になりますからね。利用出来るものなら利用すべきです。患者さんもマンツーマンだと気兼ねなくリハビリに没頭できますよね。